おすすめ野球漫画「ONE OUTS」

Twitter https://twitter.com/@daikichi89jin

インスタ 草野球 だいきち(@daikichi89jin) • Instagram写真と動画

こんにちは!

みなさん「野球漫画」と言われたら何を思い浮かべますでしょうか?

「MAJOR」、「ダイアのA」、「巨人の星」、「タッチ」、「おおきく振りかぶって」

など本当にたくさんの野球漫画があります。

そんな数ある野球漫画の中、私がお勧めしたいのは

「ONE OUTS」という野球漫画です。

作者は「LIRE GAME」で知られている甲斐谷忍先生です。

「LIRE GAME」でピンとくる方もいらっしゃると思いますが、

この漫画の特徴は「心理戦」です。

少し変わった切り口の野球漫画「ONE OUTS」の魅力を今回は紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

・主人公「渡久地 東亜」

ソース画像を表示

これが本作の主人公である「渡久地 東亜」です。

主人公とは思えないくらい悪そうな顔をしてます(笑)

本職はピッチャーですが、120~130km/hのストレートしか投げられません(厳密には数種類のストレートを投げます)

ただ並外れた「コントロール」と、相手の心理を読み取る「観察力」を武器にバッターを手玉に取っていきます。

また渡久地は「スポーツマン」という意識はなく、グラウンドでたばこを吸ったり、練習に参加せずパチンコ行ったりしてます。

ですが「勝負師」「ギャンブラー」としては非常に優秀で、

「勝つ」という目的のためにはあらゆる手段を使って勝負をします。

・あらすじ

ネタバレになるため詳しいことは省きますが、

沖縄で賭博野球をして無敗だった主人公・渡久地を

プロ野球の弱小球団リカオンズに引き入れて日本一を目指す漫画です。

そこでリカオンズのオーナーと出会います。

ソース画像を表示

こいつがほんとに悪い奴で金儲けのことしか頭にありません(笑)

プロ野球は普通「年俸制」ですが、オーナーと渡久地は「ONE OUTS契約」というものを結びます。

ソース画像を表示

契約内容は1アウト取るたびに500万円渡久地に払い、

1点取られるたびに渡久地が5000万円オーナーに払うという仕組みです。

9回完投したとしても3点取られたら渡久地は赤字になるというかなり無茶な契約です(笑)

ですが渡久地はどんな手を使ってでも「勝ち」にこだわります。

それを邪魔しようとオーナーも監督や、チームメイトやしまいには相手チームの選手を

金で動かし、渡久地を失点させようとします。

そこの駆け引きがとても面白い漫画です。

・魅力①勝ちにこだわる姿勢

ソース画像を表示

これは強豪チームのデータを見て自信を失っていたチームメイトにかけた言葉のシーンです。

「勝つ」ためにはどうすれば良いのかを考えているわけです。

確かに私自身も相手チームの過去の実績をみて、

「今日のチームは強そうだな」と自信を無くす時もあります。

その時点でもう負けているのだとこの漫画を見て学びました。

渡久地は自分を成長させるための練習は全くしませんが、

相手を観察し、つけ入る隙を探しています。

こういうところは見習いたい…

・魅力②ルールの盲点を突く

ソース画像を表示

詳しいことは省きますが「点の取ったチームが勝つ」という当たり前のルールですら

渡久地には通用しません(笑)

ルールを味方につけて勝負に勝つ渡久地の姿も魅力の1つです。

時間稼ぎのためにする「反則合戦」をするシーンがあるのですが、

相手の心理、ルールを上手く利用している試合で、

その試合が本当に面白いです。

・魅力③数々の名言

ソース画像を表示

この漫画は「勝つ」ためにはどうすれば良いかを考えさせられます。

そのため

「野球をするのが仕事じゃない、『勝つ』のが仕事だ」

「人間が一番隙を作る時。それは勝利を確信した時だ」

「すべての勝負の基本は、敵の嫌がることをやる」

など様々な「勝ち」に対する名言が出てきます。

これは野球だけでなく、他のスポーツや仕事でも共通することだと思うので、

野球にあまり興味がない方でも面白いと思います。

・まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本野球漫画は主人公が成長していく物語は多いですが、

この漫画は違った視点で野球を描いています。

漫画は完結していますし、アニメもやっています。

ですがアニメは漫画の半分くらいのところで終わっています。

U-NEXTで初めての方なら31日間無料で見れるので

良かったら見てみてください。

それでは(^^)/

 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA