すり足打法をお勧めする理由

タイミングが遅れる、タイミングが早い等野球をしていたらよく聞く言葉だと思います。
                                          長嶋茂雄さんも「バッティングの9割はタイミング」と発言しています。

どんなにかっこよいフォームで、スイングが早くても、

タイミングが合わないと絶対に打てません。

今回はタイミングの取り方について解説していきます。

スポンサーリンク

最近では、ソフトバンクの柳田選手、巨人の坂本選手のような
パワーヒッターはほとんど足を上げています。


                                         

少年野球を見ていても足を上げて打つ人が昔に比べて多くなっていると感じます。

タイミングの取り方は人それぞれ感覚が違うため一概にこうしたほうが良いとは言えませんが、

私は野球経験が浅い方や打率が上がらず困っている方にはすり足打法をお勧めしています

すり足打法のメリット

  1. 下半身が安定する。
  2. 目線がぶれにくい

バッティングで大事なのは

いかにボールを呼び込み、下半身を安定したスイングができるかです。
                                           足を上げて打つとどうしても体がぶれやすく、

スイングそのものに無駄な動きが生まれやすい。
その点、すり足だと下半身が安定しやすく無駄な動きを少なくできます。

またすり足打法は、軸足に体重を乗せる時も、踏み出した時も足をすりながら動くので

頭が上下することは無く、そのため目線がぶれにくい。

目線がぶれにくいということは、

ボールを認識しやすく、ミート力向上につながります。

すり足打法のデメリット

  1. 体重移動がしにくい。
  2. 足を上げる打法に比べてパワーが劣る

もちろん足を上げるほうが良いこともあります。
軸足に体重が乗るのでタイミングが合えばすり足打法よりもよく飛びます。
ホームランや長打を打ちたい人にとっては体重移動がある程度必要になります。

ですが私自身ずっとすり足打法ですが、長打がないわけではありません。
きっちりタイミングが合えばホームランも十分に狙えます。
                                            最近はよく飛ぶバットもあるので科学の力も借りましょう(笑)

かっこいいだけでフォームを決めるな

NG 文字素材の写真

たまにフォームのかっこばかり気にする人もいます。

自分のタイミングで打てるのであれば、フォームはどんなものでも構いません。

フォームの形ばかり気にしてしまうと、

試合中も気になってしまい集中力が欠けてしまいます

自然体のフォームで、1球1球集中して打てれば、

おのずと打率も上がってくるのではないかと思います。

まとめ

すり足打法のメリット

  1. 下半身が安定する。
  2. 目線がぶれにくい

                                                                      すり足打法のデメリット

  1. 体重移動がしにくい。
  2. 足を上げる打法に比べてパワーが劣る

各フォームにはそれぞれメリット、デメリットがあり、

人によって合う、合わないがありますが

三振が多い方、長打が多いが打率は低い方は、すり足打法をお勧めします。

練習では自分に合うフォームを色々試してみて練習試合で実践してみましょう。

少しでも参考になればと思います。

それでは(^^)/

Twitterインスタグラムもやってます。

Twitter https://twitter.com/@daikichi89jin

インスタ 草野球 だいきち(@daikichi89jin) • Instagram写真と動画

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA