バッティングが上達する「集中力」とは?

こんにちは!

今回は「集中力」について書こうと思います。

筆者はこんな人ですブログを書いている「だいきち」について – 野球人だいきち (daikichiblog.com)

出典:ヤクルト村上全集中!で全打席3割/データで見る – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ (nipc.jp)
スポンサーリンク

・本当に「集中」しているのか?

みなさんはバッティングの時「集中」してますか?

バッティングでの「集中」⁼「ボールをよく見る」ことだと私は思います。

ボールをよく見るなんて当たり前だと感じる人も多いはずです。

ですが、打席に入るとき

バッティングフォームを気にしたり、味方の応援が気になったりしませんか?

それを気にしている時点で「集中」はできていないと私は思っています。

私も調子が悪い時は、打席に立ってからフォームを気にしたり、

味方の声が気になったりします。集中できていない証拠です。

・集中するにはどうすれば良いのか?

結論としては準備を怠らないことです。

野球はずっと集中するスポーツではありません。

バッティングに関しては、打席中だけ集中できれば問題ありません。

言い換えると考える時間は多くあります。

ネクストバッターズサークル(次の打者の待機場所)などでフォームを確認し、

出来るだけ不安要素がないまま打席に立ちましょう。

バッティングは、ピッチャーが投げないと始まりません。

絶対に「後手」に回ります。

ただでさえ、良い打者でも10回に7回は失敗するのに、

打席に入る時に集中してなければ打てません。

・集中力を高めるための方法

①自分にあったフォームを見つけよう

それが教科書に書いてあるような正しいフォームなのかはあまり関係ありません。

自分がしっくりくるフォームを見つけましょう。

そのために練習では色々考える癖を付けることです。

フリーバッティングで思いっきり打ちたい気持ちも分かりますが、

グリップの位置を下げたり、タイミングの取り方を変えてみたり試してみましょう。

その参考資料として、YOUTUBEやInstagram等で技術指導している方を参考にしてみてください。

自分のフォームが見つかれば素振りをして、無意識に出来るまで練習します。

そうすれば自然とボールを見ることだけに集中できるはずです。

②打席に入るルーティンを決める

よく知られているのはイチロー選手のルーティンです。

【本当にストイック!】イチローがルーティンを続ける意味とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー] (pinky-media.jp)

ここまでストイックにはできませんが、何か1つ打つ前に取り入れるのは良いと思います。

私も打席に入るとまず、背中をそるようにしてます。

ソース画像を表示
出典:これがプロ野球選手のルーティンだ!レジェンド編 – 野球:週刊ベースボールONLINE (findfriends.jp)

カブレラ選手みたいに豪快ではないですが、こんな感じです(笑)

ルーティン化することによって今に集中でき、自分をコントロールできます

メリハリがつくのでぜひ取り入れてみてください(^^)/

【中古】イチロー式集中力 / 児玉光雄

価格:110円
(2021/2/20 11:13時点)

まとめ

集中⁼ボールを良く見ること。フォームや味方の声援が気になっているようでは✖

・集中するには打席以外の時間に準備をしておく必要がある

・集中力を高めるには自分に合ったフォームを見つける

そのためにも練習では試行錯誤してみる

・打席に入る前のルーティンを決めておく

それでは(^^)/

Twitterインスタグラムもやってます。

Twitter https://twitter.com/@daikichi89jin

インスタ 草野球 だいきち(@daikichi89jin) • Instagram写真と動画

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA