初心者がバッティング練習から始めたほうが良い理由

こんにちは!

野球には、打つ、守る、投げる、走ると基本的には4つの練習があります。

その中でも野球を始めて間もない方は打つ練習を

最初に取り組むのが良いと私は思っています。

その理由が初心者にとって1番大事なことが

野球を楽しむことだからです

詳しく書いていきます。

高校野球・素直なセンター返しのバッティングをしてチャンスを演出する左バッターの写真
スポンサーリンク

1.打つと守るの違い

何事のスポーツでもそうですが、

団体スポーツにおいて多くの初心者の方は

「チームに迷惑をかけたくない」と考えるのが一般的だと思います。

バッティングでどれだけ良いバッターでも打率は3割そこそこ

つまり10回中7回は失敗する可能性があります。

打てないほうが確率は高く、打てなくて当たり前です。

ヒットを打てなくてチームメイトからぐちぐち言われることは

あまりないと思います。

対する守備は、捕球率が3割だとどうでしょうか?

なかなかの穴ポジションです。

守備に関しては、取って当たり前の世界なのです。

つまり、バッティングに関しては加点方式

守備に関しては減点方式なのです。

心理的な違い

例えば第一打席に打てなかったとします。

バッターはどう思うでしょうか?

恐らく、「次打てなかったらどうしよう・・・」ではなく、

「次は打てるように頑張るぞ」

と思うことが多いと思います。

では守備でエラーをしてしまった時はどうでしょうか?

「次は絶対取るぞ!!」と思う人もいるかもしれませんが、

ほとんどの人が「次もエラーしたらどうしよう・・・」

と思うことが多いはずです。

こういった気持ちで野球をすると、

あまり楽しくありません。

そういった意味では

「初心者が野球を楽しむ」には

バッティングが上達するほうが野球を楽しめる可能性が高くなると思います。

もちろん、守備や走るのが大好きで野球を始めたいって人は別ですが…

経験者の方は精一杯応援してあげて

ヒットが打てたら一緒に喜び、

打てなかったらこうすれば良いよとアドバイスをしてあげましょう。

出来ないことが出来るようになるのは

いくつになっても嬉しいことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初心者はまず「野球を楽しむこと」を目標にして、

その目標に到達するためには

小さな成功体験を積み重ねられる

「バッティング」を練習するのが1番良いではないかと思い

記載させていただきました。

私は、野球Youtuberみたいな実力もありませんし

派手な経歴もありません。

技術的なアドバイスは難しいですが、こういった気持ちの部分や、

長年の経験で感じたことを発信していこうと思います。

それでは(^^)/

Twitterインスタグラムもやってます。

Twitter https://twitter.com/@daikichi89jin

インスタ 草野球 だいきち(@daikichi89jin) • Instagram写真と動画

過去の記事はこちら!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA