外野ゴロ捕球「右足前?」「左足前?」

こんにちは!

前回まで「初球」「中級」「上級」と外野フライのコツを紹介しました。

今回は「外野ゴロ捕球体勢の基礎と捕球する際の足の出し方」について紹介していきます。

スポンサーリンク

・外野ゴロの捕球体制

外野ゴロと内野ゴロの決定的な違いは、

後ろに誰もいないということです。

外野は後ろに逸らしてしまうと長打になってしまいます。

ですので、確実な捕球が大事になります。

しかし、あまりに大事に行き過ぎると足の速いランナーだと進塁させれれる可能性があるため、

外野手は状況に応じて捕球姿勢を変えます。

①ランナーがいない時

例えばランナー無でレフト前にヒットを打った場合、

この時はランナーを2塁に行かせなければよいので、

「確実な捕球」をしなければなりません。

なので(右利きの場合)左足を地面につけ、右足を立てて捕球しましょう

こうすることによって、たとえイレギュラー(急にバウンドが変わること)があっても

身体に当たる可能性が高いからです。

②ランナーがいる場合

先ほどの取り方では、送球の動作に入るのに時間がかかってしまうため

ランナーがいる場合は前に走りながら捕る必要があります。

・ランナーがいる場合の捕球体制

ここからはランナーがいる時の捕球体制について書いていきます。

①どちらの足を前にだすか?

ソース画像を表示

私は小学生の時「グローブを付けている方の足を前に出す」と言われましたが、

中学生の時は「グローブとは逆の足を前に出す」と教わりました(笑)

どちらが正しいのでしょうか?

結論を言うとやりやすいほうで捕れば問題ないと思いますが、

お勧めは「グローブとは逆の足を前に出す」ことです。

上記の画像のような、右投げなら右足を前に出す捕球体制になります。

・なぜ右足を出す方がお勧めなのか?

理由をあげると以下の点です。

  1. 後ろに逸らす危険性を減らすため。
  2. 捕球後勢いよくボールが投げられる

1.後ろに逸らす危険性を減らすため

外野手のゴロの大事なことは、

体の幅の中で捕球し多少イレギュラーしても体に当てて止めることです。

このとき左足を出す捕球体制に体が半身になってしまい、

イレギュラーした際に体に当たる幅が狭くなってしまいます。

2.捕球後勢いよくボールが投げられる

(右利きの場合)右足を前に出して捕球することによって

そのあとにステップをしていくと前に進む勢いが増します

その後ステップの動作が大きくなり、勢いよくボールを投げられます

左足を前に捕球した場合はステップが小さくなり、ボールの勢いに繋がらなくなります。

この2点より、「グローブとは逆の足を前に出す」ことをお勧めしています。

どっちか迷っている人は練習で試してみてください。

・まとめ

今回は外野捕球体勢の基礎と、どちらの足を前にするかを紹介しました。

私個人としては、(右利きの場合)右足を前に出すことをお勧めしました。

理由としては以下の2点です。

  1. 後ろに逸らす危険性を減らすため。
  2. 捕球後勢いよくボールが投げられる

ですが逆のほうがどうしても取りやすいという方はそのままで構いません。

逆足が間違っているわけではないので、取りやすいほうを選択していただければと思います。

それでは(^^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA