外野フライの取り方(上級編)

こんにちは!

前回、前々回と外野フライの取り方「初級編」と「中級編」を紹介しました。

今回は「上級編」について書いていきます。

私自身、技術的に出来ていないところもあるので

一緒に勉強していきましょう(^^)/

スポンサーリンク

・背走を身に付ける

ソース画像を表示

落下地点が予測できるようになれば草野球の外野手としては合格ラインだと思います。

ですが、落下地点が予測出来てもその落下地点に素早くいかなければフライは取れません。

つまり、みなさんの守備範囲を広くする必要があります。

その技術の1つとして「背走」というものがあります。

「背走」とは前をむいたまま後ろに走ることです。

前の打球はボールが見えているので比較的簡単に打球を追えますが

後ろの打球は一度ボールから目をそらさないといけないので前の打球の数倍は難しいです。

流れとしては

打球が飛ぶ⇒落下地点を予測する⇒すばやく背走しながら落下地点を調節する⇒ボールを捕る

という流れになります。

文字にするだけでも難しい(笑)

外野フライで最も難しのは、「頭上を越えた打球」です。

このときは半身になって打球の延長線上より少し左右にずれて走ります

少し左右にずれることによって、捕球がしやすくなります。

後ろの打球だと判断したらまず「半身」の体制を捕ることを覚えておきましょう。

一番やってはいけないのが、後ろに後ずさりするような捕球体制です。

目測を見誤り、「ばんざい」する可能性が高くなります。

背走についてはこちらの動画が参考になるので見てみてください。




・重心を低く走る

外野フライを追いかけていると「目がぶれてしまう」という悩みが出てくる人がいます。

そんな方はまず「重心を低く走る」ということを意識してください。

試合中、外野フライが飛んできたときに重心を低くすることを意識していないと

無意識にフッと体が浮きあがってしまうことがあります。

その状態から走ると、スタートの時点で目線がぶれてしまいます。

無意識に出来るように練習の時から意識しましょう。

・ボールから目を切って走る

フライを捕る際、ボールを見ながら走るのが一番確実ですが、

それだと守備範囲が狭くなり、一流の外野手にはなれません。

フライが飛んできて目を切るタイミングは

早ければ早いほうが良い」です。

一方で、目を切った後、もう一度打球を確認するのは、

遅ければ遅いほど良い」と言われています。

ただし目を切って走るためにも、まずは「落下地点の予測」をある程度できるにしましょう。

そのためにノックやバッティング練習などで、

目を切ることを意識してみてください。

・まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「上級編」で基礎が出来ている方向けに書きました。

あくまで上級者なのでまずは基礎をしっかり身に付けることをお勧めします。

私もまだ全然出来ていないところもあるので、一緒に頑張っていきましょう!

外野フライが取れるようになると野球がもっと楽しくなると思います。

それでは(^^)/

Twitterインスタグラムもやってます。

Twitter https://twitter.com/@daikichi89jin

インスタ 草野球 だいきち(@daikichi89jin) • Instagram写真と動画

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA