外野フライを捕るコツ(中級編)

こんにちは!

前回、外野フライを捕る基本的なコツを紹介させていただきました。

外野フライを捕るコツ(初級編) – 野球人だいきち (daikichiblog.com)

今回は「中級編」です。

外野フライがある程度、捕れるようになりましたら

次に実践していただきたいことをまとめました。

外野フライは最初は難しいですが慣れてくれば捕れるようになるので、

頑張っていきましょう!!(^^)/

それでは「中級編」を始めます。

スポンサーリンク

①落下地点よりもう1歩後ろで打球を待つ

ソース画像を表示

落下地点はある程度予測できるようになった!

という人は次のステップに行きます。

それは「落下地点よりもう1歩下がって待つ」ことです。

理由はランナーがいる時の外野フライは、

捕って終わりだけではなく、次のプレー(タッチアップ等)があるかもしれないからです。

タッチアップとは?って方はこちらで解説しています。

「タッチアップ」について分かりやすく解説 – 野球人だいきち (daikichiblog.com)

次の行動へ移しやすくするためにも大事な動作とも言えます。

・お勧めの練習方法

これは外野フライを捕る時、ダイレクトに捕るのではなく、

「わざとワンバウンドで捕る」練習方法です。

ワンバウンドで捕る=ボールより後ろにいとかないといけません。

ワンバウンドで捕れる位置が、本来フライを捕る時に守っとかないといけない落下地点です。 

さらにワンバウンドで捕らなくて良いと考えて動くと、

打球の追い方にも余裕ができ、グローブを出さずに走ることもできます。

グローブを出さずに走ることで、素早く落下地点まで行けるというわけです。

まさに外野フライで必要な技術を同時に身に付けれる良い練習方法だと思います。

②ポジショニングを考える

フライを捕るコツではないのですが、

外野手は守備範囲がかなり広いため、ある程度打球の予測が必要になります。

守備範囲を広げる練習(背走や1歩目を速くする練習)もすごく大事ですが、

かなり難易度も上がりますので、まずポジショニングをある程度予測するほうが

簡単なことだと個人的には思うので紹介していきます。

ポジショニングを考えるコツをいくつか紹介していきます。

・バッターの特徴を把握する

  1. 左バッターなのか、右バッターなのか
  2. スイングの特徴(強振なのか、ミート中心なのか)
  3. 打順
  4. 前の打席の内容
  5. ピッチャーに対してタイミングが合っているか
  6. 体格

私がバッターで意識しているのはこのくらいです。

最初は難しいと思いますので、

仮にレフトを守っていた場合、

4番で体が大きくて右バッター」だから後ろに下がっておこう。

9番で小柄で左バッタ―」だからいつもより少し前で守ろう。

くらいの感覚で大丈夫です。

・外部環境を把握する

ソース画像を表示
  1. 球場の広さ
  2. 風の向き
  3. グラウンド状況(雨で湿っている、外野は芝生等)

草野球は色んな球場で試合をすることが多いので球場の広さは把握しましょう。

中には外野を超えると確実にランニングホームランになるような球場もあるので

そういった場合は少し深めに守ったりしましょう。

風の向きによって打球も変化します。

「向かい風だから打球が伸びるかも…少し後ろに下がろう」といった感じです。

砂や草を空中に投げるだけで風の方向は分かるので試合前に試してください。

グラウンド状況については、

例えば「外野は芝生だから抜けても転がっていかない。前の打球は勝負してみよう」

「外野は土で抜けたら転がっていくから抜かれないように少し下がっておこう」

といった感じです。

・その他の要素

  1. ピッチャーのコントロール
  2. 変化球か真っすぐか
  3. 試合状況
  4. 周りのポジショニング
ソース画像を表示
出典:ダイアのA 著 寺嶋裕二

ピッチャーのコントロールが良ければ

外角に構えてるから少し右に寄っておこう」といった考えが出来ます。

また変化球か真っすぐかもわかればなおポジショニングもしやすいです。

変化球かどうかは内野手が外野手に向けてサインを出すのが良いと思います。

試合状況については1点もやれない時に外野手が深く守っていても意味がありません。

逆に大量失点を防ぎたいときに前進守備をしていてもいけません。

状況に応じたポジショニングが必要になります。

周りのポジショニングは、

例えばセンターがライト寄りに守っているのに、

レフトが普段の定位置よりレフト線に守ったりすることです。

状況によってはありなのかもしれませんが、左中間ががら空きになります。

しっかりと他のポジションとも話し合ってポジショニングしましょう。

③まとめ

今回は「外野フライを捕るコツ(中級編)」について書きました。

1つめは「落下地点よりもう1歩後ろで打球を待つ」ということで

お勧めの練習方法も紹介しました。

2つ目は「ポジショニングを考える」ということで

技術的なことではないのですが、外野フライを捕る可能性を広げるコツとして

紹介させていただきました。

次は「上級編」を書いていこうと思います。

私自身上級編は出来てない部分が多いですが見ていただければと思います。

それでは(^^)/

Twitterインスタグラムもやってます。

Twitter https://twitter.com/@daikichi89jin

インスタ 草野球 だいきち(@daikichi89jin) • Instagram写真と動画

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA