外野手は「〇〇〇前に動く」

こんにちは!

守備練習ををしていると「1歩目を早くしろ!!」「もっと早く反応しろ!!」とよく指導を受けた経験のある方は多いのではないのでしょうか?

けれど私は、1歩目ってどうやったら早くなるかまでは教えてもらえず、

よくわからないまま高校まで外野手をしていました。

もちろん守備は下手くそで、

高校の監督には「バッティングの調子が悪かったらお前を使う価値ない」

とまで言われました(笑)

それくらい守備が苦手で嫌いでした。

社会人になって草野球を始め、「YOUTUBE」などで野球の勉強を始め、

ある方法を試したところ、守備が格段に上手くなりました。

もちろんそれだけが要因ではないと思いますが、

自分が試してみて良かったことを紹介していきます。

スポンサーリンク

・外野手は「投げる前に動く」

それは投手が投げる前に動き出すということです。

ピッチャーが投球モーションに入ったと同時に

軽く前にジャンプすることで1歩目がスムーズになります。

文字だけでは分かりづらいと思いますので、

新庄剛志選手がキャンプの取材に行った動画で分かりやすく解説してました。

3:00くらいから外野の守備の解説をしています。

私もこの方法を取り入れたところ、

守備範囲は本当に広くなりました。

たぶん今の守備を、高校のチームメイトがみたら

びっくりすると思います(笑)

・経験が浅くても出来る外野守備上達のコツ

1つは先ほど説明した、「投げる前に」動くことです。

それと同じくらい大切なのが「ポジショニング」です。

ポジショニングについては過去記事で書いてます。

経験が浅くてもできるとはいえ、

ポジショニングは経験も非常に重要になっています。

最初は左バッターなのか右バッターなのか、

身体が大きいのか小さいのかだけでも良いので、

自分で判断してみてください。

それでも分からなければ、経験のある人に聞いてみてください。

その時に重要なのは単にポジショニングを聞くだけではなく、

なぜ、そのポジショニングにしたのか理由まで必ず聞くことです。

後ろに下がった理由、定位置よりもライン際に寄った理由等

そのポジショニングにした理由が必ずあるはずです。

・まとめ

外野手はピッチャーが投げる前に動くこと。

これをするだけで1歩目が早くなり、守備範囲を広くなります。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA