良いバッターは〇〇が違う

Twitter https://twitter.com/@daikichi89jin

インスタ 草野球 だいきち(@daikichi89jin) • Instagram写真と動画

こんにちは!

さて、いきなりですが質問です。

良いバッターとそうでないバッターは何で見極めますか?

スイングスピード?構えの雰囲気?

人それぞれ考え方があると思いますが、

私は「見逃し方」だと考えています。

ピッチャーをしていても見逃し方が良いバッターは怖いです。

何を投げても打たれそうな気がします。

今回は「良いバッターの見逃し方」について書いていきます。

スポンサーリンク

・良い見逃し方とは?

動画は侍ジャパン代表選手の見逃し方特集です。

代表選手に共通する見逃し方とは何でしょうか?

それは「グリップの位置」です。

良いバッターは見逃すときにグリップの位置が必ずトップよりも少しずれます。

つまり投げた瞬間にボール球と分かるような球以外は、

見逃す場合でも途中まで打つ姿勢でいます。

こういったバッターは打つボールを選んでおり、

1球1球集中力を高めているため、強打者の可能性が非常に高いです。

逆に言うと、あまり打たないバッターは

見逃すときもトップの位置が変わらず、動いているのはステップをする足だけです。

細かい動きですが、グリップ位置がズレる癖のあるバッターは優秀なバッターであることは間違いありません。

自分の試合での打席を動画で撮ってもらい、見比べてみてください。




・良い見逃い方をする上で大切なこと

それは「イメージ」です。

良いバッターは何回も打撃練習を重ねているので、自然と「イメージ」が出来ています。

言葉にするのは難しいですが、

  1. 良いバッター:ピッチャーが投げる⇒打ちに行く⇒イメージと違う⇒見逃す
  2. 良くないバッター:ピッチャーが投げる⇒打ちに行く前に振らないと判断⇒見逃す

こんなイメージでしょうか?

分かりにくてすいません(^^;

イメージを強化する方法として、素振りをするときでも

ピッチャーが実際投げてくるイメージをして素振りをしてみてください。

・練習方法は?

タイトルと少し違う内容ですが、根本的なことは同じです。

ティーバッティングをするときに見逃す練習を加えることによって、

トップを移動させる練習です。

変化球にも対応できるようになるのですごく良い練習だと思います。

・まとめ

今回は良いバッターの見逃し方について書きました。

参考にしていただければと思います。

守備の時は、相手バッターの見逃し方で

ポジショニングを変えるのも良いかもしれません。

それでは(^^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA